jackのないしょ話

24歳うつ病。社会復帰目指しとる

耐え忍ぶ

こんにちは、jackです。

 

私が住む県では休校措置の延長が数日前に決定されましたが、弟(高2)が通う高校では一昨日が始業式、昨日が入学式でした。

始業式では休校中に出された課題の提出とクラス分けの発表が行われ、1時間半程度で帰宅できたようです。

今日は教科書の販売と休校中の課題を受け取りで学校へ行かなければなりませんが、感染の予防で各学年で登校時間をずらしているとのことです。

先生方の苦労も相当なものかと思いますが、事態が収拾するまで辛抱しかありません。

f:id:jack29potato:20200408103222j:plain

 

どうしようか

こんにちは、jackです。

 

昨日は晴れていたので久々に散歩へ行きました。

しばらくサボっていたのでかなり疲れたものの、適度に体を動かす習慣はあった方が良いとつくづく思います。

外出を自粛する動きは強くなってきていますが、ずっと室内で過ごすストレスは大きいものになると思います。

3つの密を避け、マスクを着用する等の予防行動をとったうえで散歩をするなら大丈夫ではないかというのが私の意見なのですが、やっぱり自宅でおとなしくしていた方が良いのでしょうか?

どのように過ごすべきか政府の発表を待ってみることにします。

f:id:jack29potato:20200406222422j:plain

 

何かにつけて高圧的な態度を取る人っているよね

こんにちは、jackです。

 

以前はパチン〇店に勤務していて、客にヤバめに輩が多いという話を昨日しました。

はっきり言ってしまえば劣悪な環境だったわけですが、その中で仕事をしていたことで接客業に従事する方の大変さを人一倍分かっていたつもりです。

常に完璧というのは難しく、人間であれば何かしらミスをしてしまうものです。

行った店で店員がミスをしても咎めようとは思いませんし、そういう時には大丈夫ですよとか気にしないでくださいと声をかけるようにしています。

よく自分はお客様なんだから偉いんだぞ!という人がいますが、客の分際でお前偉そうにするなよと口には出しませんが心の中では思っています。

店員に対して高圧的な態度や口調で凄んじゃう人ってはっきり言ってしまえば弱い奴です。

一般的に客>店員という構図なので店員は客にクレームをつけられたら言われたい放題で平謝りせざるを得ません。

それを分かっていてやるんだからタチが悪いですよね。

こういう人が減ることを願います。

f:id:jack29potato:20200406105022j:plain

 

威力で業務を妨害したらあかんやろ

こんにちは、jackです。

 

最近の流行り病で自分は陽性だと言い、店員に咳やくしゃみをかけたり脅迫をし逮捕された人が何人かいます。

被害を受けた店舗は店内の消毒や感染の有無など安全が確認されるまで営業自粛を余儀なくされています。

こんなことする奴がいるのかとにわかには信じがたい話ですが、残念ながら善悪の区別がつかないヤバい奴は一定数います。

私自身も似たような事例をパ〇ンコ系企業に勤めていた時に経験したことがあります。

インフルエンザって診断されたけど来てやったぜと謎の報告をしてくるのがいたり、熱あるからうつしてやるよと顔に咳をかけらることがありました。

今のご時世なら逮捕されてもおかしくない案件ですが、パチ〇コ店ではこういうのが日常的に起きています。

たぶん彼らは人に迷惑をかける行為そのもの、あるいはそれによって他者が不快感を抱くことに快感を覚えるのだと思います。

すでに手遅れ感が漂っていますが、もっとヤバくなると自分の行為は世直しのための正しいものだと謎の自信を持ち手が付けられなくなります。

こういう手に負えないような輩を相手にしなければならない接客業に従事している方々には頭が上がりません。

f:id:jack29potato:20200405090153j:plain

 

良かれと思うなら何もしないのが最良かも

こんにちは、jackです。

 

昨日は友人と会う約束がありました。

相談したいことがあるとのことで自宅か飲食店で話をするもんだと思っていました。

合流した後彼はおもむろに歩き始めました。

行き先を告げず車通りの多い騒がしい道を歩き続けます。

雑音、排気ガス等のストレスの要因に曝されたことで私は体調が悪くなっていきました。

このまま動き続けるのは流石にキツイと考え、彼にどこへ向かっているのか尋ねました。

一駅先の中心街へ用事があり、ついてきてもらいたかったと彼は言います。

最近の健康状態、30分を超える外出を控えていること、公共の交通機関は3ヶ月以上乗っていないことを伝えました。

彼の中ではある程度回復をしていたと思っていたらしく、見た感じ体調が悪そうではなかったので外へ連れ出そうとしたのだそうです。

また後日ゆっくり会う約束だけして別れました。

 

この件について反省すべきは自分の状態についてちゃんと発信しなかったことでしょう。

彼なりに心配して元気づけようとしてた部分もあると思うので、どうしたい・どうして欲しいなどの情報をもう少し知らせようと思います。